音楽専門学校で作曲を学ぶ場合

音楽専門学校で作曲を学びたいと考える場合、漠然と通っていてはいけません。

学ぶ上で気を付けておくべき点が大きく分けて3点ほどあります。まず、自分がどのジャンルをやっていきたいかということです。音楽専門学校によっては、クラシックをやっていたり、ジャズやポピュラー音楽について強かったり、コンピューター音楽に重きを置いていたりする場合などがあります。そのため、方向性をしっかりさせてどこで何を学ぶのかを考えていきましょう。次に、作品を作る環境をどう整えていくかです。

必要な機材があれば、学校に備え付けてあるものを使うのも手ですが、自分で何かを制作する場合に、ソフトウェアなどをそろえておくと良い場合があります。その点は先生などに確認をしてみると良いでしょう。最後に、作品をどのように発表していくかです。これは、インターネットを利用して発表をしていったり、コンペなどに応募したりする場を作る必要があります。

自分がどのように作った曲を利用していきたいかということを考えておくと、それに適した手段が見つかります。いかに多くの人に自分の作品に興味を持ってもらえるかということを考えて曲を作っていくと、それが仕事をする上でも必ず生きてくることでしょう。これらのことに気を付けた上で、音楽専門学校で勉強していくと良いでしょう。わからない点があれば、説明会や見学に行くなどしたときに質問をして、疑問点を解消しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *