歌手の専門学校は何を習うの?

歌手は聴く人に歌に乗せて思いを表現する素晴らしい職業です。

演歌やJPOP、歌謡曲、ソロやグループ物まで、選択肢が幅広くデビューするには歌唱力はもちろん表現力やステージ上で固くならず何事にも動じない根性も必要です。歌手を育てる専門学校は一体どういったことを習うのか、まず2年制の場合が多くヴォーカル、シンガーソングライター作詞家作曲家を目指している生徒向けの授業もあります。

年に2回から学校によっては4回以上大手レコード会社が、審査に参加するオーディションが開かれてプロデビューへ導いてくれる場合もあります。歌手の基本技術習得と並行してアーティストとして適性か見極めも行い、売り込み用の写真も行います。一般常識があることはもちろん他の学科ももりこみながら技術を習得して行きます。優秀な生徒のライブパフォーマンスできる場を学校内に設けたり、外部のライブハウスで歌唱をすることもあります。

専門学校であらゆる歌に関するイベントが開催されパフォーマンス性を磨き、ライブホールで本格的でリアルに歌の実践を行います。専門学校内にダンスなどができる鏡張りの本格なスタジオで日々練習して技術を身につけていけます。音楽の本などを集結させた資料室などを設けている学校もあり、音楽ディスクや楽譜などからも知識を豊富に収集できます。学校内の仲間たちとミーティングをしたり確実に技能を充実させて夢の歌手デビューへの道が開かれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *