俳優のスクールに通っている間も仕事がある

スクールに通っている間は、俳優の卵として基礎を学んでいるわけですから仕事がないように思われがちです。

しかし、実際にはエキストラからちょっとしたセリフがある役までスクールに通っていながらも仕事がもらえることがあります。本来は、卒業してから演じてもらうのですが、人数が足りなかったり、その役に当てはまる人材であった場合は声をかけられることがあるのです。

事務所の先輩が大活躍をしており、その人が主役だと周りの役に自分の事務所のタレントを起用することがあります。その時に、出演料はもらえなくても顔を売ることができるので、新たな仕事につながる可能性が高まります。大手事務所であれば、そのような優遇措置を受けることがあるので、どのようなスクールに通うかの選択が、いかに重要かがわかるでしょう。

しかし、実力の世界ですから俳優のスキルがなければその後声をかけられる事はなくなります。一度や二度のチャンスからスターダムになる乗る人もいれば、逆にそのチャンスを生かせずに、二度とメディアに出られないことも考えられます。

わずかなチャンスを生かすためには、日頃から俳優のスキルを身に付け存在感のある演技ができることが重要だと考えます。さらには、監督や演出家にい気にいられることにより別の作品に呼ばれることもあるので、一回目の仕事が勝負だと思って取り組まなければいけないでしょう。継続は力なりですからコツコツ頑張ることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *