歌手経験がある人がスクール講師をやる

もともとメディア等で活躍している歌手や、プロで活躍している歌手から直接学ぶことができるスクールがあります。

そのため、どのような講師在籍しているかを基準に入学先を選んでみてはいかがでしょうか。多くのアーティストを輩出したスクールや、過去に実績がある歌手から教えてもらえば、自分もそのノウハウを知ることができるので、歌が上手くなれる可能性は非常に高まります。

発声練習や腹式呼吸など基本的なことを教えてもらうことから、ファルセットの出し方、音程の取り方など基本的なテクニックを教えてもらうことができます。歌を歌う事は誰でも簡単にできますが、喉を壊したり音程が不安定になるなど、基礎を知らなければ長時間歌うことができなくなります。

芸能のスクールに通うことでこれらの基本を学ぶことができる他、体に負担をかけることなくに歌を歌うことができるようになるのです。スクールと言っても自習入学なので自分に合わないなと思えば辞退することも可能です。

趣味の延長線上に歌を上手くなりたい人から、本格的な歌手になる人まで様々ですが基本的に学ぶ事は同じでしょう。個性を出すためにビブラートやこぶしなどのテクニックを使い歌に感情を込めていきます。

オリジナリティーがあることが重要で、既存の歌手の真似をするのは賢い選択とは言えません。なぜなら、その人が歌えば良いからです。世の中に出ていないがアーティストになれるように工夫することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *