音痴もボイストレーニングで解決できます

一般的に歌が下手な人のことを音痴と言いますが、音痴にはその原因から2種類に分けることができます。

1つ目は「運動性による音痴」です。このタイプの音痴は、音程を正しく認識したり、記憶する能力はあります。自分が歌おうとしているメロディを脳内で再現することもできます。しかし、それを自分の声で再現するときに、声帯の使い方や喉の開き方などの歌う技術がつたないために、頭の中にあるメロディを再現できないタイプの音痴です。歌い方や発声の仕方が分からないために、高音や低音が出なかったり、ロングトーンで声をキープすることが出来なかったり、声量が出なかったりするのです。

もう1つは「感受性による音痴」です。このタイプは音程そのものを正しく認識することができない音痴です。音程を認識する能力がないため、正しいメロディを頭の中で描くことも出来ないですし、自分が間違った音程で歌っていることにも気づくことができません。ただ音程を認識するのが苦手なだけの方もいますが、まれに先天的に音程を認識する能力がない方もいます。感受性による音痴はボイストレーニング等でもなかなか矯正することは難しいです。

自分がどちらのタイプの音痴であるかを知るためには、頭の中で歌いたいメロディを再現できるかどうか試してみればよいのです。メロディを明確に頭の中に描くことが出来るのであれば、運動性の音痴に分類されます。運動性の音痴の場合、ボイストレーニングによって声のコントロールの仕方を学べば驚くほどの進歩が見られます。高音や低音の出し方、正しい発声の仕方、声のキープの仕方などをボイストレーニングで学ぶことによって、頭の中のメロディを自分の声で再現できるようになるのです。自分は音痴だと思っている方も、もし歌がうまくなりたいのであれば、ボイストレーニングを受けてみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *