ボイストレーニングのポイント

歌を上達させるために、ボイストレーニングが有効です。

一般的なボイストレーニングは、楽譜を読みながら音程を正確に拾ったり、声量をアップさせたりします。これらに共通するポイントは、自分の歌声をよく聞くことです。音痴を改善することや、今まで以上に歌唱力をつけたいなど、自分の歌声に不満を持っています。その歌声を客観的に把握することで、良い点と悪い点が見つかります。テープレコーダーに歌を吹き込んだり、MTRを使ってマイクから録音したりして、繰り返し自分の歌声を聞きます。

最近は録音機器も優秀な機能を備えており、携帯電話のボイスメモでも効果はあります。録音した声を聞いて滑舌やテンポ、声量などを確認します。ボイストレーニングの成果は個人差がありますが、時間をかけて上達するものです。毎日録音することで、次第に上手くなっているのが分かります。また、ボイストレーニングに集中していると、喉を酷使することがあります。

常に万全な状態で歌うために、毎日の喉のケアが大切です。ボイストレーニングで意識するのは、声帯に負担をかけすぎないことです。歌う前には軽く声出しをします。そして長時間歌うことを避け、無理やり大きな声を出さないようにします。日常生活で水分を多く摂って、喉を潤すことを心がけます。飴やガムも喉の潤いを保つのに効果的です。反対に塩分を摂り過ぎたり、アルコールを飲んだりすると、体中の水分量が低下するので注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *