女優を目指すならスクールに通うべき

女優になる為には美しさや若々しいルックス以外にも、演技を通して作品を作り上げる演技力が求められます。

これらは自己練習ではなく、専門的なレッスンをプロの指導によって受けなくては伸ばすことができません。スクールではまだどの道に進むべきか結論が出ていない人やマルチタレント志望の人向けに総合的なコースでも、縁起のレッスンをすることができます。

しかし、中には必ずしも役者にはそこまで必要のないレッスンもカリキュラムに入っているので、その分の時間も演技力を磨きたいなら、やはり俳優・女優コースの方がいいでしょう。俳優・女優志望者向けのコースでは、実際に舞台などで使用された台本を使って部隊の演技や表現などを学ぶ授業や、基礎的な表現力を伸ばす授業などをスクールで受けることができます。

観客や視聴者が台詞を聞き取れるように話すことは非常に大切なことなので、ここでも発声と滑舌はしっかり訓練をすることになります。演出家が自分に対して要求してきたことをどのように反映させるかという点についても、スクールの方でしっかりコツを伝授してくれるので、新人からベテランまで多くの人が関わることになる舞台の仕事が来ても安心です。

女優としてデビューするならフリーではなく事務所に所属した方が絶対に有利ですし、その事務所も大手の方がマネジメント力に優れています。オーディションに参加する事務所の数が多かったり、条件付きで書類審査をパスできるところがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *