歌手になるための近道は専門学校に通うことが必須

将来は歌手として活躍したいという方も多くいますが、デビューするまでの道程は非常に険しいのが現状です。

歌手デビューするには特別な資格は一切必要ありませんが、レコード会社や音楽事務所、芸能プロダクションなどで採用してもらうため、採用試験やオーディションの審査を合格しなければなりません。そのためには基礎的なことから学んでいくことが必須で、高校卒業と当時に音楽関係の専門学校へ入学するのが一番の近道となっています。音楽関係の専門学校では、シャンソンやオペラはもちろん、ポップスや演歌、ロックなど幅広いジャンルを学ぶことが可能です。

歌手にとって最も大事な呼吸法や発声法のトレーニング、表現力、楽器のスキル、作詞・作曲まで様々なレッスンが受けられます。また、音楽業界で活躍するプロの指導が受けられる専門学校もあるため、歌唱力のクオリティを最大限引き出すことができるのも大きな魅力です。この専門学校へ通うための学費については平均すると2年間で250万円前後かかりますが、安いところでは2年間で120万円前後のところもあるので、学費で悩む方は各専門学校の学費を比べてから決めるのもおすすめです。

それでも高く通えない方には、民間のミュージックスクールという選択肢もあり、レッスンを受ける時間や回数によって違いがありますが、1年でのレッスン料は平均50万から60万程度で受けられます。歌手になるには実力本位の世界なので、基礎からしっかり学ぶことが大切な項目と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *