歌手になるには専門学校に通ったほうがいい?

「歌手」とは、文字通り「歌を歌う」ことを仕事にする人のことを言います。

「歌手」とひと口に言っても、ロックやポップス・アイドル・クラシックなどそのジャンルは多岐にわたります。ただ「歌を歌う」と言っても、純粋に歌のみで生活できる人はほんの一握りです。多くの人はアルバイトなど副業をしたり、先輩の付き人や雑用係をしたりして、ブレイクを待つ人も大勢います。仕事内容としては、コンサートやライブで歌うことです。しかし、人前で歌うには、持ち歌を増やさなければなりません。そのためには、歌のレッスンやレコーディングなども行います。

また、アイドルやダンスボーカルグループなどは、ダンスのレッスンや、ライブのための基礎体力作りなどに時間を費やします。そして、ファンをたくさん確保することも重要です。そのため、ファンクラブの発足やファンミーティングなど、ファンとの触れ合いも大切な仕事になります。さて、歌手になるにはどうすればいいのでしょうか。世の中にある職業の多くは「専門学校に行く」「資格を取る」など目指す基準となるものが存在します。しかし、歌手には「こうすれば必ずなれる」といったものがありません。

音楽学校や音楽大学・音楽の専門学校を出たとしても、プロとして生活していくのは一握りしかいません。逆に専門学校などに通わなくても、類まれな才能や運を発揮してブレイクする人もいます。しかし、全てが「運任せ」というわけではありません。のど自慢大会やコンテスト・オーディションなどに地道に応募し続けることも大事です。また、レコード会社にデモテープを送ることも有効です。アイドルを目指すなら歌唱力はそれほど重要視されませんが、一般的に歌手として長く活動していくには歌唱力が求められます。自分の歌唱力に自信がないなら、専門学校に通って技術を磨くのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *